読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cococalacoco’s diary

エコビレッジ暮らしの破天荒な旦那をもつ1児の母 日々の暮らしの事や旅の事、コミュニティ作りについてなど書いていきたいと思います。

グアテマラ〜メキシコ国境越え

グアテマラーメキシコ間の移動は行きも帰りもパナハチェルーサンクリストバルラスカサスの直行シャトルに乗りました。

 

パナハチェル発は朝6時半にホテルまで迎えに来てくれます。まぁもちろん6時半ぴったりには来ませんよね。ラテンタイム〜。

しかし置いていかれては困るので娘を叩き起こし6時半にスタンバイして待つ我々。

 

お迎えは7時ちょっと前に到着。

車はこんな感じ。

f:id:cococalacoco:20170111022851j:image

 

荷物はドライバーさんが上に積んでくれます。

 

乗ってビックリしたのはコレ↓

f:id:cococalacoco:20170111022716j:image

、、、

 

ヘッドレストが、ない、、、。

 

グアテマラ、アティトラン湖周辺はかなりグネグネ山道。にも関わらず、ヘッドレストがない!!

 

揺れる頭どーしたらいいんやー???

 

というわけでなかなかに修行。

グアテマラ人はきっと首が強い方が多いんだと思います。

 

しかし!わたしには強い味方が!!

f:id:cococalacoco:20170111023208j:image

ダイ◯ーで買ったコレ↑(300円商品)

 

f:id:cococalacoco:20170111023316j:image

(あ、二重アゴ、、、(;´Д`A

座席に浅めに座って背もたれの上置いて使えばイケる!これなら寝れる!!w

 

背の高い男子にこの技は難しいとは思いますが。とりあえずこの枕は必須アイテム!

 

そんなこんなで車に揺られること4〜5時間。

グアテマラのイミグレに到着。

 

f:id:cococalacoco:20170111023830j:image

f:id:cococalacoco:20170111024138j:image

ここのイミグレはマーケット通りにあって車激混み。渋滞の中イミグレに到着したらパスポートを持って中へ。

 

グアテマラ行き?メキシコ行き?だけ聞かれて荷物などの検査も何もなくあっさりスタンプを押してくれる。

 

グアテマラは滞在2週間でイミグレで料金発生はありませんでした。 

ちなみにメキシコでるときは15日以上の滞在の場合は出国税がかかりました。2016年当時で1人390ペソ。子どもも同じ料金。

 

スタンプをもらったら車へ戻り荷物を全て受け取り徒歩で国境を越えます。

 

さよならグアテマラ!また会う日まで〜!!

(重い荷物とゴネる娘を連れての徒歩ゆえ肝心の国境越えの写真はなしw)

 

徒歩で10分もしない内にメキシコ側の車に到着。

 

f:id:cococalacoco:20170111025106j:image

メキシコの車はこんな感じ〜。 

 

 

ヘッドレストは、、、

 

 

f:id:cococalacoco:20170111025133j:image

ありました!ε-(´∀`; )

 

車に乗ったら今度はメキシコのイミグレに移動し入国手続き。

入国カードを書いてスタンプをもらいます。

 

そしてまた4〜5時間車に揺られ18時半、サンクリストバルラスカサスのソカロ(中央広場)に到着!

 

 f:id:cococalacoco:20170111030307j:image

年始だから?ライトアップされている建物。

久々の都会な雰囲気にテンション上がる我々w

 

パナハチェルーサンクリストバル間の国境越えツアーはなかなかの疲労感。

まぁ国境越えツアーってこんなもんか。

 

気になるお値段は2017年1月現在でパナハチェルからは1人150ケツァール。子ども料金はありません。

1回めにツアー会社に料金聞きにいったら150ケツァールと言われ、2回めに行ったときは175ケツァールと言われたのでこの前150って言ったやーん!!って言って150にしてもらったのでなんなら150でもぼられてる可能性あり。。。

 

サンクリストバルからは1人400ペソでした。

ハラペーニョツアーというツアー会社だと1人350ペソだったんだけど英語が通じるスタッフがいなかったので他のツアー会社にしました。

 

疲労感は否めませんが島国日本産まれ日本育ちの生粋の日本人のわたしにとって陸路で国境越えはワクワクするのです◎

 

ただいま、メキシコ!サンクリストバル!!

旅は後半戦に突入☆